手術時間が短く傷跡も小さく目立たない事で、ワキガの手術として多く行われるようになってきた手術方法に、超音波療法があります。それでは、ワキガ治療の超音波療法とはどういったものなのでしょう。超音波療法は、脇の下の皮膚に数ミリの穴を開け、超音波手術装置に接続されているハンドピースの先端を挿入する事によって、皮下組織に超音波を当て、ワキガのニオイの元となるアポクリン汗腺、エクリン汗腺、皮脂腺のみを破壊して吸引する方法です。多くのワキガの場合、脇の下のニオイが気になる方がほとんどですので、そのような方には効果的な手術法だと言えるでしょう。また、従来のワキガの手術法は切開する皮膚の幅も大きく、手術の時間もかなり掛かっていました。けれど、この超音波治療法の場合には、数ミリの穴を開けて超音波を当てるだけで手術を行う事が出来るので、手術時間が短時間で終了し、血管や神経等の組織も傷つけないため、後遺症の心配も少ない事がメリットとして挙げられます。ただ、エクリン汗腺とアポクリン汗腺のある皮膚の場所の深さが異なるので、この超音波療法の手術には十分な知識と豊富な経験を持った熟練した技術力が必要となってきます。どこの医療機関で手術を受けるかも、この点で非常に重要なポイントとなりますし、治療費も決して安くはなく、高額な部類に入ってしまいます。超音波治療法のメリットばかりに気をとられるのではなく、デメリットもきちんと納得した上で手術を受けるようにして下さい。